【Zapierとは?】ウェブサイトの最新情報をChatworkへ自動送信させる方法

この記事は約8分で読めます。

※この記事にはプロモーションが含まれています。

こんにちは、まことちゃん(@HosiharaMakoto)です。

お気に入りの外部サイトに新しい記事が投稿されたとき、直ぐにその記事を読みたい!または、読み逃しがないようにしたい!ということはよくあると思います。

今回は、Zapier(ザピアー)というWebアプリとチャットワークを連携させることで、もっと早く知りたかった!とか、気付けなかった!という後悔をすることがないような内容となっています。

通知の方法は違いますが、最新の記事が投稿されたことを自動的にWebサイト(WordPress)に表示させる方法については別の記事に書いていますので参考にしてください。

もっと早く知りたかった!とか、気付けなかった!という後悔をしないために、ビジネスチャット(Chatwork)をZapier(ザピアー)と連携させて有効活用しましょう。

Zapierとは?

Zapier(ザピアー)とは、ノーコードでワークフローを自動化できるWebアプリです。

5,000以上のWebアプリやクラウドサービス、SNSなどを連携させて、自分の業務に合わせて自動化したワークフローをプログラミングの知識なしで作ることができます。

例えば、

  • Googleフォームにお問い合わせが届く
  • お客様に受け付けた旨のメールを自動送信させる
  • 問い合わせ内容をGoogleスプレッドシートなどのデータベースに格納する
  • 問い合わせ担当者に問い合わせがあった旨をビジネスチャットで通知する

といった一連のワークフローを、すべて自動化することが可能となります。

まことちゃん
まことちゃん

これらを手作業で行うとミスも発生しますよね。(-_-;)

ヒューマンエラーが起こると生産性も低下します。

ワークフローを自動化すれば、スピーディーに、かつ正確に遂行してくれるので業務効率も向上するはずです。

そして、ワークフローの自動化によって空いた人的リソースは、もっと収益に直結する業務に転換させましょう。

Zapier(ザピアー)と同様の機能を持つWebアプリに、IFTTT(イフト:IF This Then That)があります。IFTTTについては別の記事で紹介していますので興味ある方は見てみてください。

本記事では、ある外部サイトの最新情報を「Chatworkに通知させる」というシンプルなフローを例に、Zapierの使い方について順を追って説明します。

Zapierのアカウントを作成する

まずは、Zapierのアカウントを作成して無料プランで使ってみましょう。

公式サイトにアクセスし、サインアップ画面の「Work Email」「First Name」「Last Name」を入力して「Get started free」のボタンをクリックします。

次にパスワードの設定を行います。

そうすると、「Select the role that best describers you」と表示された画面に切り替わるので、「あなたに最も適した役割」について、一覧の中からもっとも適したものをひとつ選びます。次に下段にある「How many employees does your company have?」(従業員は何人ですか?)の中から適したものを選択し、最後に「Continue」ボタンをクリックします。

最後に、普段からよく使用しているWebアプリを5つ選びます。ここで選んだWebアプリは、ダッシュボードの「おすすめワークフロー」に反映されます。

以上で、アカウント作成(無料プラン)は完了です。

タイムゾーンの設定

タイムゾーンを日本時間に設定します。

右上の「Settings」から設定画面へ遷移し、画面下の「Timezone」から「GMT+09:00 Asia/Tokyo」を選択します。最後に「Save Changes」で保存します。

Create Zap

ここからが本番です。

ここでの実施例は、

  • トリガーの設定:Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ」がアップデートされたとき
  • アクションの設定:チャットワーク(グループ)に更新された内容を通知する

という単純なワークフローで説明します。

以下に順を追って説明します。

トリガーの設定

ダッシュボード左上にある「+Create Zap」のボタンをクリックし、Zapの新規作成を行います。

検索窓に「RSS」と入力して「RSS by Zapier」を選択します。

Eventのプルダウンメニューから「New Item in Feed」を選択して「Continue」をクリックします。

Feed URLに「Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ」のRSSフィードを入力し、「Continue」をクリックします。

正しく設定されているかを確認するため「Test Trigger」をクリックしてテストします。

正常に実行されると下図(水色枠)のように意図した情報が抽出されるので、そのまま「Continue」をクリックします。※意図した情報が表示されない場合は、設定したURLが間違っていないかを確認しましょう。

以上で、「トリガーの設定」は完了です。

アクションの設定

下記画面が表示されたらそのまま「Lean more」をクリックして「Action」に進みましょう。

アプリの選択とイベント設定

Lean more」をクリックして次に進むと、以下の入力フォームが開きます。

アプリ一覧から「Chatwork」を選択し、Eventはプルダウンメニューから「Send Message」を選んで「Continue」をクリックします。

Chatworkとの連携と設定

Chatwork」と連携するためのサインインを求められるので、そのまま「Sign in」をクリックします。

サインインが実行されると、ChatworkのAPIトークンの入力を求められるので、通知したいChatworkアカウントの「APIトークン」を入力して最後に「Yes,Continue」です。

Chatwork APIトークンの確認方法はこちらから!

プルダウンメニューからChatworkアカウントを選択し、間違いなければ「Continue」をクリックします。

Continue」をクリックして次に進むと、以下の入力フォームが開きます。

Roomには、ChatworkのルームIDを入力(プルダウンメニューから選択)

Textには、表示させたい項目(例:Title、Link先、Date)をプルダウンメニューから選択

最後に「Continue」をクリック

Continue」をクリックして次に進むと以下の画面が表示されます。

実行される内容が表示されるので、意図した内容になっているかをチェックします。

※特にRoom IDは間違いやすいので注意しましょう。

Chatwork Room IDの確認方法はこちらから!

内容に問題がなければ、最後に「Test action」をクリックしてテストランしましょう!

Chatworkグループに通知が届いたら成功です!

以上で、Chatworkとの連携と設定は完了です!

まことちゃん
まことちゃん

最後にPublish(公開)するのを忘れないようにしましょう。

Publish(公開)する

Publish Zap」をクリックすると公開されます。

これにより、Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツが更新される度に自動的に通知されるようになります。

作成されたワークフロー

最終的に作成されたワークフローは以下のとおりです。

左上にある名称(青枠)は、内容がわかりやすいようにリネームしておきましょう。

実態に見合ったワークフローを図示してくれるので非常にわかりやすいですよね。

  • トリガーの設定:Yahoo!ニュース・トピックス – スポーツ」がアップデートされたとき
  • アクションの設定:チャットワーク(グループ)に更新された内容を通知する

まとめ

Zapier(ザピアー)が、ノーコードでワークフローを自動化できるWebアプリであることは、本記事の実施例でも実感して頂けたと思います。

最後にデメリット(注意点)をあげておきます。

  1. 各アプリのAPIで用意されている機能しか使えない。
  2. 汎用的に普及しているWebアプリしか使えない。
  3. 無料プランでは、Zap数(ワークフローの数)が5個までしか作れない。
  4. 無料プランでは、月間タスク数が100までと制限される

作ることができるワークフローが単純なものに限られることは否めませんが、無料プランでもプライベートや小規模経営で運用するには十分と言えます。

本格的にワークフローの自動化を行う場合は、無料プランで試してから有料プランに切り替えるといいでしょう。

まことちゃん
まことちゃん

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

RUNTEQ(ランテック)|超実戦型エンジニア育成スクール
error: Content is protected !!